きのうから、サイト「香港なんでもケンショウ堂」へのアップをめざして、
ゴールデンハーベストのページを作り始めました。
で、その最初のページに、ゴールデンハーベストのクレジットタイトルに似せた画像を
載せる予定です。このクレジットタイトル、香港映画ファンだけではなく、
ジャッキー・チェンの旧作などをビデオで見た方にもおなじみではないでしょうか。
現在、この画像をフォトショップやホームページビルダーの添付ソフトを使って製作中です。
四角い「G」マークは描くのは簡単です。問題は「嘉禾」のロゴ。これををどうやってトレース
するか迷いましたが、ちょうど、手元に嘉禾戲院のチケットの半券が残っているのを
思い出し、この半券に印刷されたロゴを借用して加工することにしました。
ゴールデンハーベストのページは近日公開します。お楽しみに。
さて、現在作っているこのクレジットタイトル、どうせなら色具合もホンモノに近づけようと、
手持ちのVCDの中から適当な嘉禾作品の映画を選んで
ゴールデンハーベストのクレジットタイトルを改めて見てみました(写真)。
gh-credit1.jpg

ダンダンダンダン!の音楽とともに
真四角の「G」のマークが出てくるこのクレジットタイトル、やっぱりイイ!サイコーです!
学芸員Kはこのタイトルをはじめての香港旅行で嘉禾戲院に行って見たときに
「ついに香港の嘉禾戲院で嘉禾のダンダンダンダンを見た!」と
感動で鳥肌がたったのですが(多少涙腺も…(爆))、このクレジットタイトルには今でも
見るたびにシビれてます。
色具合のチェックは早々に済んだのですが、結局、何度もクレジットタイトルを
繰り返して再生して見入ってしまいました。このダンダンダンダンって何度聞いてもイイ!
学芸員Kは子供の頃から、なんというか、映画会社クレジットタイトル・フェチで、
アメリカの20世紀FOXなどのクレジットタイトルを見るのが好きでした。
映画『スターウォーズ』なんて、あのジョン・ウィリアムスのメインタイトルは、
すでにもう20世紀FOXのファンファーレとコミコミでワンセットみたいな感じですよね。
今ならDVDやビデオで思う存分好きなだけクレジットタイトルを見れますが(笑)、
大昔は映画といえば民放テレビの洋画劇場番組がメインで、そこではたいてい
クレジットタイトルがカットされているので、大変不満でした。
ゴールデンハーベストのクレジットタイトルはアメリカの映画会社のそれに比べたら、
ベタベタでコテコテで田舎臭いですが、学芸員Kはもっとも好きなクレジットタイトルです。
しかし、すでにゴールデンハーベストは映画製作から事実上撤退し、また
配給する作品につけるクレジットタイトルも新しいものになってしまいました……。
(参考:ゴールデンハーベストHP
ところで、余談ですが、ゴールデンハーベストのクレジットタイトルって、右側の「嘉」の字が、
なんか下がってるように見えませんか? よく見てください。
学芸員Kは、はじめてこのクレジットタイトルを日本の映画館で観たときから
(ジャッキー・チェンの『バトルクリークブロー』だったか?)
右の「嘉」が下にズレているようでどうにも気になってしかたがありません。
上の写真は小さいのでわかりにくいですが、映画館の大スクリーンで見ると
けっこう目立って、気になるんです。
香港映画ファンの皆様は同じような印象を持ってませんでしたか?
学芸員Kはかれこれ20年以上気になってます(笑)。
ゴールデンハーベストのページは現在鋭意製作中です。

0