少し前のことです。

6月のある日、香港屈指のトラムマニア、Josephからメールがきました。

英語で、こんなことが書かれていました。

私は日本のヤフーオークションで、
香港トラムの素晴らしい模型を見つけました。

でも、これは日本国内の配送しか対応してくれません。
さらに私は、日本のヤフーのアカウントを持っていないのです。

そして、その出品の模型が載っているページのリンクが張られていました。

車体に古い広告の入った、ややビンテージ物の
香港トラムの、いわゆる「鉄道模型」です。

y_auction_00001

(価格はJosephの希望により伏せますが、大人の趣味のものとして、フツーの常識的な価格です。)

このメールの文は、どう読んでも、

「私の代わりに入札をお願いできないでしょうか」

と言っています。

ひと肌脱ぐことにしました。

 

しかし私はヤフオクのアカウントを持っていません。

そこで、アカウントを持っている妻に入札してもらうことにしました。

私はJosephに、「あなたの代わりに入札してあげる」旨、返信しました。

Josephから、喜びの返信が来ました。

妻が入札しました。

あっさり落札できました。

届きました。

y_auction001

 

封を開けずに上から包装紙をかぶせて、ある日の金曜日、近所の郵便局から香港へ発送。

y_auction01

 

そうしたら、土日をはさんで月曜日の午後に、香港のJoseph宅に到着。

y_auction02

Josephから荷物が届いたと画像を送ってきました。

わずか、なか2日で東京の郵便局から香港の個人宅へ。

都市から都市への郵送は、海外といえども早いと実感しました。

 

Joseph からのメールには、

思ってたより大きかった。右は私の持っているトラムの模型です」

と書いてあったので、私は添付された画像を見た。

y_auction03
でかっ。

「思ってたより大きかった」って、Josephはヤフオクの出品物の説明を見なかったのか?

模型の寸法が書いてあったのに。

日本語での説明だが、サイズについては数字での表記だから、模型の大きさは分かったはず。

写真をひと目見てどうしても欲しくなってしまい、詳細データは目に入らなかったのか。

さすがマニアのJosephです。

ヤフオクの出品データを見たら「JOゲージ」とあります。

調べたらJOゲージの鉄道模型はサイズが大きい部類らしい。

後日、Josephから、この文を載せてくださいとメールがきました。

さらにしばらくして、こちらの方を載せてくださいと、その文をほんの少しだけ修正したメールが来ました。

その英文のまま載せます。

 This motorised model was built in 0 gauge (1:43) by an unknown Japanese modeller. It indicates the condition when tickets are abolished – a second staircase was added at the rear left side. The front staircase is still there. I add the old style 目的地 of “中央市場” and “回廠”, match the early 1980s of HK.

y_auction_renewal

上の画像はクリックすると拡大して見られます。

私はメールで、「もしブログに載せてもよいのなら、あなたと模型が一緒の写真を送ってください」と聞きました。

すると、わざわざトラムの前まで行って撮った写真を送ってくれました。

y_auction04

ご満悦のJoseph。

さらにJosephからメールが来ました。

この模型を作った人へのメッセージです。

「このトラム模型の誠実な仕事に対しての感謝を申し上げます。 この作品は私たちを古き良き時代へいざなってくれます。 私はこのモデラーに会って、ありがとうと伝えたいです。」

さらに写真が送られてきました。

トラムに乗車しての撮影。

tram_joseph

本当に良かったね、Joseph。

Josephのフェイスブック
https://www.facebook.com/amazingdingding

0