7月8日 23:59 追記
今回の記事、一部事実誤認がありました。
今回の「チョイ住み in 香港」がまったく面白くなかったのは事実ですが、
過去に放送された「チョイ住み」と比較する上で事実誤認がありました。

事実誤認していたそれぞれ記述の箇所で訂正いたします。

————————————

きのうやったNHK BSプレミアムの「チョイ住み in 香港」見ましたか。どうでしたか。

私は個人的にはまったく面白くなかった。

私が過去に見た「台北編」や「プサン編」とは明らかに番組の内容というか方向性が違った。

 

これでは単なる旅モノ番組じゃないか。

今回の香港編で、土曜日の昼に民放でやってるようなほかの旅番組と違ったのは、唯一、「ホテルの代わりにアパートを借りた」ということだけだ。

 

私は、放送を夜に控えた当日の昼、たまたまネットにあるコメントで「今回のチョイ住みは内容をこれまでとは変えたようだ」みたいなことが書かれてあるのを見た。

そこで番組を見る直前になって、テレビの番組表の番組解説と、公式HPにある写真をあらためて見てみた。

 

並んでいる写真を見て、なんだか悪い予感がした。

なんか普通に観光旅行っぽい。

 

この「チョイ住み」という番組は、「初対面」となるふたりが、1週間ほど海外で「暮らす」。それが基本のコンセプト。

私が過去に見た「チョイ住み in 台北」の藤井フミヤと亀田興毅も、「チョイ住み in プサン」の立川談笑と中村蒼も、それぞれ現地で顔合わせするという演出だった。

初対面の人が海外で現地集合。番組の企画として「強制的に」現地で出会うふたり。それぞれがお互いの間合いをどうとるのか? 出会ったばかりの彼らのやりとりを見て、視聴者も新鮮な緊張感を共有できた。

なのに、今回の「チョイ住み in 香港」では南明奈と はあちゅうが、香港ではなく日本であらかじめ顔合わせをしてしまう。

そしてふたりして同じ飛行機に乗って香港にやってくるのだ。

それって、それこそフツーの旅番組じゃないか。

しかも、このふたりは過去に仕事で会ったことがあるというから初対面でもない。

 

香港に無事着いて、アパートの部屋に到着。すると画面には

「チョイ住みのススメ その1 アパートを借りて滞在費を節約しよう」

などというテロップが出てきた。

私が見た「台北編」や「プサン編」では、たしかそんなテロップは出なかったと思う。

そもそもアパートを借りることはこの番組の大前提であるが、それは「滞在費の節約のため」ということではなかったはずだ。 お仕着せのホテルではなく、暮らすように滞在する、そのための手段がアパートだったんじゃないの?

なのに今回そんな、「旅の工夫」みたいなアドバイスをテロップでわざわざ入れたのは、この「チョイ住み」を、旅のハウツー番組に路線変更したということなんだろうか。

7月8日23:59 追記 訂正:この記事への、たまさん からのコメントで、「『アパートに泊まって宿泊代を節約する』というのは初回からのコンセプトです。」というご指摘を受けました。また、本日、あらためて過去に放送された「チョイ住み in 台北」の録画したのを見たところ、「チョイ住みのススメ その1 アパートで滞在費を節約」というテロップが画面に出ました。

これが「チョイ住み in 台北」で出たテロップです。

しかも今回は、ネットのサイトでアパートを選んだというくだりがわざわざ出てくるから、アパートを借りるというよりも「民泊」という感じが強まってしまった。

7月8日23:59 追記 訂正:過去に放送された「チョイ住み in 台北」を見たところ、この台北編でも番組冒頭で藤井フミヤが、渡航前に日本で、アパートをネットで選ぶ場面が出てきました。従ってネットのサイトでアパート選んだのは、今回だけのことではありませんでした。また、今回の記事への、たまさんからのコメントでも「パリ編でもガッツリAir◯nbでアパルトマン探ししてました。」とご指摘をいただきました。

 

また、滞在のひとつのイベントでもある食事は、たとえばプサン編では立川談笑が街で買った食材を使ってアパートの台所で夕飯を作ったりしていたのに、香港編は初日の夜から観光客が行くようなモダンなレストランでの夕飯となった。

てっきり私は「香港だから街市で食材を買うんだろうなあ」などと勝手に思い込んで期待していたのだが、その期待はもろくも崩壊した。

番組では、初日から はあちゅうが南明奈を連れてネットで事前にチェックしておいた高級レストランに入り、そして 出てきた料理になぜか何の反応も見せず、いきなりインスタグラム用に写真を撮るのである。

そもそも今回の滞在の目的の

「2人の旅の目的は、フォトジェニック香港を楽しむこと。」

というのは、なんなんだろう。

見ているこっちは楽しくない。

女人街にいってポーチを買ったりとか、やってることがフツーじゃないか。

せっかくの個性的な番組のはずの「チョイ住み」なのに、土曜日の朝や昼の番組でやってるような「フツーの旅行」に視聴者をつきあわせてどうする?

 

しかもふたりが行くお店やレストランの紹介では、NHKなので画面のテロップは店名を出せないから「尖沙咀で人気のレストラン」みたいになってしまって観光ガイドにもならない。

番組を作った人は、いったいこの番組で何をしたかったんだろう。

 

私は「チョイ住み」を香港編を入れて3本しか見たことがないが、最初からこの番組を見てきた、番組自体のファンにとっても、今回の香港編は評判が悪いんじゃないか。

ツイッターを見てみると、酷評されていた。

https://twitter.com/search?q=%EF%BC%83%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%A4%E4%BD%8F%E3%81%BF&src=typd

 

この「チョイ住み」は、内容を意図的に今回のような方向に持っていったんだろうけど、

でも、なんで????

台北編もプサン編も個性的で面白かったのに。

かつての方向性に戻ることを期待する。

 

今回の香港編でひとつ収穫だったのは、香港とは関係ないが、南明奈がいい意味でフツーの悩める女子であったことを知って好感が持てたことだ。

 

前回、当ブログでこの番組を紹介した。

記事でこの番組を初めて知って期待した方もいらっしゃったかもしれない。

許してください。

 

7月8日23:59 追記:

上記の追記の通り、一部で事実誤認がありました。

お詫びします。許してください。

でも、あらためて台北編を全編見たのだが、再度見てもメチャクチャ面白かった。

香港編が面白くなかったのは、事実誤認ではなく事実だ。