いつも行く神保町の三省堂書店本店では、ときどき店内の大きな模様替えをする。棚を移動して大幅なレイアウト変更をしたりする。

1階の旅行ガイドブック・旅行関連本の売り場でも少し前に模様替えがあって、それと同時に、それまであった台湾本コーナーがなくなったのだが、先日、いつのまにか復活していた。

それもパワーアップして規模を拡大して。

これはおとといの9月15日の様子。

旅行ガイドブック・旅行関連本の売り場の中でいちばん目立ついい所に、台湾本が平積みで25タイトル、そして背後に面陳列で10タイトル。

合計35タイトルの台湾本(台湾特集の雑誌含む)。

三省堂書店本店のここの売り場で、1つの国(地域、都市)の本をこんなにたくさん集めたコーナーはここ最近なかったはず。

20年前の香港返還直前のころの香港ブームのときでも、こんなコーナーはなかったのになあ。

そんなにも売れ筋なのか台湾本? そんなにもブームなのか台湾?

 

そしてこちらは通常の棚差し。ここでも圧倒的な台湾本。

対する香港本は、これまで私がここの売り場をウォッチングしてきた中で最低の、なんと、たったの4冊(写真をクリックすると拡大して見られます)。

いったい、4冊って……。タイトル数じゃなく、全冊数がたったの4冊。おもわず目をこすったよ。

 

そして一方、こちらはその下にある平積みコーナー。

こちらも半分以上が台湾本。

冒頭に書いたように、独立した台湾本コーナーが別に設置されている。なのに、何でここでもさらに台湾本?

 

ここまでの状況を確認した私は「そうか、台湾本相変わらず頑張ってるな」とニヒルな笑いを残してその場を立ち去ろうとしたのだが、ふと見ると、平積みの前列右に「香港本」が。

「香港行ったらこれ食べよう!」という本が置かれていた。

これまでに「台湾行ったらこれ食べよう!」「台湾行ったらこれ食べよう! 甘味編」という本が出ていたが、うっかりそれと見間違えるところであった。

「台湾行ったらこれ食べよう!」の評判が良かったから香港編を出したのかな。

ともかく、私は香港応援のため、勢いで衝動的に1冊を手に取りレジに持っていった。

 

「香港言ったらこれ食べよう!」(清水真理子・著/誠文堂新光社/1400円+税)。

久々に買った(買えた)香港本。

B級グルメを中心としたメニューの数々がすごくキレイな写真で紹介されている。「香港のB級グルメ写真集」といった感じで、いままでもこういう本はたくさん出ているが、私がこの本で気に入ったのは、それぞれのメニューの紹介の中に、「現地の人はこう食べる。」というタイトルの小さな解説コーナーがあって、箇条書きで食べ方が書かれていること。

例えば「煲仔飯(ボウジャイファン)〈写真〉」であればこうだ。

現地の人はこう食べる。
★定番メニューの牛肉飯の、プラス3ドルで生卵をトッピングするのが一般的。
★煲仔飯用の醤油をかけ、生卵を落としてからふたをして、5~6分待ち、卵がほんのり固まってから食べる。
★メニューに「併煲仔飯」と書いてあれば具が1種類、「併煲仔飯」なら2種類選べる。
★レンゲで鍋肌についたおこげをこそげ取って食べる。

こういう「食べ方解説」があると、初めてチャレンジする外国人にとってはかなりハードルが低くなるんじゃないかと思う。

気になる方は、書店に行って見てみてください。

「香港行ったらこれ食べよう!」amazon

 

ところで、敵ながら(いつから敵?)台湾本には面白そうな本がたくさんあるのは悔しいけど事実。現に私も、2年前に台北に行った後これまで、台湾本をいくつか買っている。

出版社や編集プロダクションの企画のパワーが、それだけ売れ筋の台湾本に集中しているからなんだろう。

何かいい切り口の企画を考えついたら、まずは台湾でやってみようか、というのは当然の流れだ。

 

<当ブログでのこれまでの関連記事「香港本 vs. 台湾本」>
http://kengshow.com/2016/03/05/book_taipei_hongkong01/
http://kengshow.com/2016/03/20/book_taipei_hongkong02/
http://kengshow.com/2016/08/07/book_taipei_hongkong03/
http://kengshow.com/2017/01/19/book_taipei_hongkong03-2/
http://kengshow.com/2017/05/13/hkbook_vs_twbook_after/

1+