きのう、東京・丸の内のKITTEで開催されている「香港ミニチュア展」に行ってきました。

前回、池袋のサンシャインシティでの開催から3年ぶり。

上の写真の「我愛香港街〈わが街、香港〉」(76分の1スケール/作:陳鴻輝)など日本初公開作品14点を含む、全48作品の展示(画像をクリックすると拡大して見られます)。

前回展示されすでに見たことのある作品も多かったが、その中にはさらに作り込まれてバージョンアップしたものもあった。

たとえばこちらの「報紙檔〈新聞・雑誌の売店〉」(12分の1スケール/作:蔡壁龍、何國添)。

前回の池袋のときも当ブログで紹介した、私のすごく好きな作品。

 

これは前回2014年の池袋で展示された作品。

 

そしてこれが今回の展示作品。

 

シャッターの下りたお店を背景にして、香港の街の中にある新聞スタンドのたたずまいが、よりリアルになった。

 

前回もそうだったが、来場者に特に人気のあるのが食べ物のミニチュア。

「うわあ!」という声を、今回も食べ物関係のミニチュアの前でよく耳にした。

こんな感じで48作品を展示。

会場全体のようす。

 

精巧に作られた、作り手の愛のこもったミニチュアは、本当に見るだけで楽しい。ましてや、香港を題材にしたミニチュアは、香港ファンだったら楽しさ倍増。

10月9日(月・祝)まで開催。無料。

公式HP http://www.hketotyo.gov.hk/japan/jp/miniature/

 

私がよく行く「広州とほほ日記」でも今回のことが詳しく紹介されている。あす2日の朝、テレビ朝日の「グッド!モーニング」で放送されるとのこと。
広州とほほ日記

 

4+