きのう8日の午後9時すぎ、テレビをつけてたまたまNHK総合にしてみたら、「NHKスペシャル」で将棋の藤井聡太四段のことをやっていて、画面にいきなりブルース・リーの映画『燃えよドラゴン』の冒頭の有名なシーンが出てきたので驚いた。

NHKスペシャル「天才棋士 15歳の苦闘 独占密着 藤井聡太」

 

放送中にレコーダーの電子番組ガイドを確認したところ、番組ガイドの解説の中に「ブルース・リー」の単語は入っていない。

将棋界で「400年に1人の天才」と呼ばれる藤井聡太四段(15)。番組では、去年のプロ昇進時から密着取材を続け、家庭や学校、対局前後の様子など、これまで報じられてこなかった姿をカメラに収めてきた。見えてきたのは、将棋が大好きで強くなるための努力を惜しまない姿だ。しかし7月以降はトップ棋士から完膚なきまでに叩かれる対局が続いた。もがき苦しむ藤井四段。1年間の未公開映像で知られざる天才の素顔に迫る。

そのため、「ブルース・リー」のキーワードを登録してある我が家のソニーのブルーレイレコーダーはこの放送を拾わず、自動録画されていなかった。

 

ブルース・リーのファンで番組を見逃した人が多いかもしれない。

 

しかし、「NHKスペシャル」は毎回、再放送をする。

10月12日(木) 午前1:00~午前1:50(水曜の深夜25時~25時50分)に再放送されるので、私は録画予約をしておいた。

 

再放送を見ることに決めた私はすぐに別のチャンネルに切り替えたので詳細は分からないが、ちょっと見た感じではブルース・リーのファンにとっては良い内容かもしれない。

今回の放送に関してはこちらに面白いコメントがある。
https://togetter.com/li/1159021

でも、いずれにしてもブルース・リーに思い入れのある人にはちょっと「胸ジーン」と思われる場面が出てくると思うので、ぜひ録画予約を。

 

公式HP
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20171008

 

再放送も見逃した方、こちらをぞうぞ(こちら。時限掲載です)

1+