ai_jing_my_1997

台湾の話は、次回。

パソコンで聴く音楽が枯渇したので、CDから何か取り込もうと思い、CDラックを漁っていたら、懐かしい曲に遭遇した。

さっそくパソコンに取り込んで聴いてみた。

艾敬(アイ・ジン)の「我的1997」。

私の1997。

ウィキペディアを見た。この「我的1997」は1992年の曲。(こちら)

 

「我的1997」 歌詞 <原文> こちら
            <和訳> こちら

 

1992年は、いまから24年前。香港はイギリスの植民地。

その当時、5年後に控えていたのが、1997年の「香港返還」(香港回収)。

 

当時の中国本土の女の子の、もうすぐ中国に帰ってくる憧れのHong Kongのことを想う気持ち――を綴った「我的1997」。

 

イギリス植民地の香港が、いよいよ中国に帰ってくるよ!

 

そして今は2016年。

1997年の返還から早くも19年が経過。

 

去年、そして今年の、キナ臭い香港の現状。

年々中国共産党の締め付けがひどくなる香港。

 

「我的1997」は私がすごく好きな曲だった。

広東語に比べると、艾敬の中国語の歌はすごくまろやかで耳にやさしい。

なんか、とろけそうだ。

けれども、だからこそ、今の香港の現状を見ると、

当時のビデオクリップがめちゃくちゃ不気味に感じてしまう。

曲の最後の最後に繰り返される
「イージョウジョウチー、イージョウジョウチー(1997、1997)」が
このCDを買って最初に聴いたときとは違う意味に聞こえてしまう。

香港が中国に、なんか飲み込まれそうだ。

0