shachou-youkouki.jpg

 こういう映画があったのを知ってますか? 東宝映画の喜劇社長シリーズの一本、香港が舞台の『社長洋行記』です。ついさっき別のことで検索していて見つけました。

 同じ東宝映画のクレージーキャッツシリーズ(正しくはその中のクレージー作戦シリーズ)の『香港クレージー作戦』(1963年)とほぼ同じころの1962年の作品です。1963年に海外渡航が自由化された前後のころ、海外へ出張や仕事に行くといえば、物語の設定として身近なところでホンコンだったんだな、ということがこの2つの作品から伺えます。ロケにも便利だったんでしょうし、当時の香港映画界とのつながりもあるようです。

 観てみたいですがDVDは正編・続編の2枚組で8400円と高いです。ツタヤでレンタルしてないか検索してみましたがレンタルはありませんでした。

 NHK BS2で深夜にでもそっとやってくれないでしょうか。DVDデッキのキーワード登録に「社長洋行記」を入れておくことにします。

 ぜんぜん香港とは関係ありませんが昨夜NHK BS2でやっていたMGM映画のミュージカル喜劇『努力しないで出世する方法』(1967年)がたいへん面白かったです。子どものころ民放の洋画劇場で観て以来30年以上ぶりでの再会でした。

 日本映画もアメリカ映画も香港映画も、その時代だからそれで許された、日本映画やアメリカ映画なら1960年代、香港映画なら1980年代の、(現代の眼からみれば)ゆる~いプロットの喜劇作品が、私は好きです。

0